ピーマンの育て方のポイント?

ピーマンは連作障害を起こしやすいので


ピーマン、ナス、トマトのあとには


3〜4年植えないようにします。



ピーマンは低温にはあまり強くないので


極端な早植えはしないようにしましょう。


ピーマンの健康効果



ピーマンにはビタミンCが多く含まれています。


大き目のピーマン1個にはレモン1個と


同等のビタミンCが含まれています。




ビタミンCは、細胞を丈夫にし、


風邪の予防や肌の修復に効果を発揮します。




毛細血管を丈夫にするビタミンPやコレステロールを


低下させる葉緑素もピーマンに含まれているので、


ピーマンを食べると高血圧や動脈硬化にも有効です。




薬効を高めるにはピーマンを生で食べるのがよいのですが、


ピーマンにレモン、りんご、トマトなどを加えたジュースは


ビタミンたっぷりの飲み物になります。

Copyright © ピーマンの育て方 ピーマンの作り方を学ぼう All rights reserved